ブログ

歯磨き指導

2015.06.24 | 山手こひつじ保育園

昨日、歯科巡回指導がありました。まずはなのはな、こすもす、すずらん組が一緒に虫歯を作らないために守る3つのことを教えてもらいました。

①食事の後は歯磨きをする

②甘いものを食べない、飲まない日をつくること

③好き嫌いをしないで、何でもよく噛んで食べる

歯科衛生士さんがしてくれるパネルシアターのお話を子どもたちは真剣に聞いていました。

s-IMGP0651

その後はこすもす、すずらん組のクラスに戻り歯磨き指導がありました。

こすもす組は一人ずつ歯ブラシを使います。まずは歯ブラシの持ち方から。

「こんにちは持ち」「さようなら持ち」の違いやどこの歯に「こんにちは持ち」をするかなど細かく教えてもらいながら歯磨きをしました。

すずらん組もこすもす組と同じく歯ブラシの持ち方、永久歯の磨き方、うがいの時の水の量やうがいの仕方を教えてもらいました。また歯にはそれぞれの役割があり、噛むとどんなふうに食べ物が細かくなるのかなども知りました。今までと違う歯磨きに戸惑う姿もありましたが、少しずつコツを覚えてすっかり上手に歯ブラシを扱う姿がみられました。すずらん組は最後に『はみがきがんばったで賞』を頂き、嬉しそうに賞状をながめていました。

s-IMGP0660

こすもす、すずらん組は新しい歯ブラシを持ち帰っています。昨日持ち帰った歯ブラシとお家の歯ブラシを比べてください。ブラシがバサバサしているようだと交換時期です。ブラシがバサバサしていると磨いていても磨いているつもりで磨けていないそうです。普段から気をつけてください、と歯科衛生士さんからお話がありました。

また、もう一つお話がありました。

食事中に飲み物を飲むお子さんがいます。この場合よく噛まずに水分で流し込んでいることが多いそうです。また、食事中に水分を多く摂取すると、胃の中の胃液が水分で薄くなり、消化が悪くなるそうです。保育園でもお茶は食後に飲むようにしています。お家でも普段の生活から心がけて過ごしてください。

花の日礼拝

2015.06.17 | 山手こひつじ保育園

花の日はキリスト教の行事のひとつです。今から150年程前にアメリカで、子どもたちのキリスト教教育のための日として始められたそうです。

花の日礼拝の今日、たくさんのお花が礼拝をするすずらん組のお部屋に集められました。

s-IMGP0637

s-IMGP0633

保育園のみんなが集まり、みんなでさんびかを歌ったり、年長さんはリタニーをしました。

s-IMGP0636

聖書には「育ててくださるのは神さまです」と書かれています。お花は今日何を着ようかな、と服のことで悩んだりはしません。神さまが育てて下さるままに、大きくなります。私たちも何を食べようか、何を着ようか、と思い悩むのではなく、すべて神さまにおまかせします。

子どもたちには、周りの人を明るく、温かい気持ちにさせてくれるお花のように育って欲しいと願っています。

こんなにたくさんのお花と一緒に過ごすことができ感謝です。持ち寄ってくださった方々、心を寄せて下さった方々ありがとうございました。各クラスの子どもたちが日ごろお世話になっている方々へお届けにいきました。保育室や廊下に飾ったり、お昼にはテーブルに色とりどりの花を飾ることもできました。

 

 

なのなは組春の遠足

2015.05.29 | 山手こひつじ保育園

楽しみにしていた春の遠足。雨を心配し、少し早めに出発をしました。

行く道は「かぼちゃのぼっちゃん、川にぼちゃん」など日々の生活の中で親しんでいる絵本のフレーズを口ずさみながら楽しく歩きました。

公園では、大きなすべり台を皆ですべったり、しっぽとりゲームをしました。

s-P5290218

s-P5290267

お弁当はみんなが一番楽しみにしていたこと。「おにぎり・からあげ・ブロッコリー。おまけにいちご3つ。」これも、大好きな絵本からのフレーズです。おにごりの子ども、からあげの子どももたくさんいました。

s-P5290224

「みんなで外で食べるとおいしいね」「ひこうき見えるね」と外で食べるお弁当、その雰囲気を楽しんでいました。

帰り道も絵本のフレーズを話しながら歩いたり、「こびとさんのいえあった」とおしゃべりしながら予定よりも早く保育園に到着しました。疲れも見えましたが、楽しい気持ちでいっぱいのよい遠足となりました。

お弁当のご協力ありがとうございました。

 

ページの先頭へ