お知らせ

2018平和聖日礼拝

2018.08.08 | 山手こひつじ保育園

8月7日、平和聖日礼拝を守りました。これまでみんなで作ってきた平和の木。保護者の方、園の職員の平和への思いの葉が飾られ、子どもたちから「すごい」と歓声が上がりました。

園長より世界には様々な国があり、世界の子どもたちがお友だちになり平和な世界をつくっていくことの大切さを聞きました。

リタニーをうまく言えたことでほっとしたのか、ふらふらしたり、友だちに話しかける姿もありましたが、話されていることの意味がしっかりと伝わっているすずらん組でした。

戦争の怖さ、平和の尊さがわかる子どもたちであるよう願って今月だけでなく日頃からその思いを大切に過ごしたいと思います。「平和の木」へのご協力ありがとうございました。(すずらん組ホワイトボードより)

   

 

朝、保育園のみんなが集まり、「平和聖日礼拝」の時を過ごしました。73年前にこの日本も戦争の真っ只中にあり、多くの命が失われたこの時毎年、平和について考える時としています。「平和を実現する人々は幸いである」という聖書のことばからみんなで作り上げた平和の木(葉に記入のご協力ありがとうございました。)を見ながらまずは自分の身近で出来ること、平和をつくっていける人になろうというお話を聞きました。(こすもす組ホワイトボードより)

2018交通安全教室

2018.07.12 | 山手こひつじ保育園

幼児クラスの子どもたちが交通安全教室に参加しました。

毎年、府中市の地域安全対策課の方と府中警察署の方に来て頂き、交通ルールについて学びの時を持っています。交通ルールは命を守るルール、という警察署のお話に子どもたちは耳を傾け一生懸命に聞こうとする姿がありました。

信号の見方や渡り方をクイズ形式で聞かれると手をあげ、赤は渡ったらダメ、など3・4歳児クラスの子どもたちも張り切って答えていました。

ミニ信号機を使用した横断訓練を行い、教えてもらった通り、「右・左・右」を各自で確認し、手をあげて渡りました。

 

 

 

3つの大切なお約束

1 道路・駐車場では遊ばない

2 道路に飛び出さない

3 交通ルールを守る

以上を守って大切ないのちを守ることを教えてもらいました。

 

<来年就学されるお子さんをお持ちの方へ府中警察署からのお願い>

通学路を事前に親子で歩き、危険な箇所を子ども目線で確認してください

  

2018花の日礼拝

2018.06.13 | 山手こひつじ保育園

花の日礼拝をまもりました。花の日はキリスト教の行事のひとつです。今から150年程前にアメリカで、子どもたちのキリスト教教育のための日として始められたそうです。

たくさんのお花が礼拝をするすずらん組のお部屋に集められました。

 

色々な花が、いろいろな色で咲いています。一つひとつちがっていて、一つひとつ形も違います。咲く場所もそれぞれで、咲く時も違います。でも、なくてもいい花は一つもありません。だって、神さまが咲かせてくださった花だから。私たちもその花のひとつです。だから、互いに認め合って過ごします。

保育園のみんなが集まり、みんなでさんびかを歌ったり、年長さんはリタニーをしました。

 

聖書には「育ててくださるのは神さまです」と書かれています。お花は今日何を着ようかな、と服のことで悩んだりはしません。神さまが育てて下さるままに、大きくなります。私たちも何を食べようか、何を着ようか、と思い悩むのではなく、すべて神さまにおまかせします。

子どもたちには、周りの人を明るく、温かい気持ちにさせてくれるお花のように育って欲しいと願っています。

たくさんのお花と一緒に過ごすことができ感謝です。持ち寄ってくださった方々、心を寄せて下さった方々ありがとうございました。各クラスの子どもたちが日ごろお世話になっている方々へお届けにいきました。保育室や廊下に飾ったり、お昼にはテーブルに色とりどりの花を飾ることもできました。    

 

 

ページの先頭へ