お知らせ

茶道

2017.03.02 | 山手こひつじ保育園

年長クラスでは2日間に分けて茶道の体験をしました。茶道の先生は他クラスの職員と聞いて子どもたちは驚き。職員の着物姿にも「わぁっ」と声を上げながら、着物の織りや帯の模様を近くで見たりしてとても喜んでいました。着た甲斐がありました!

「にじる」という正座のまま移動する所作をはじめとする様々な所作に一生懸命な子どもたち。茶道ならではの雰囲気を感じ取り、声を小さくしたり丁寧にものを扱う姿がありました。

 

終わったあとにどんな音が聞こえたか子どもたちに尋ねてみると、それぞれがいろいろな音を聞いていて、感想も様々でした。

 

ひな飾り

2017.02.07 | 山手こひつじ保育園

2017年2月7日(火)

今日は女の子たちはひな人形を出すお手伝いをしてくれました。

それぞれ「このお人形が飾りたい!」という思いもあったようで、涙を流す場面も…。でも、七段もあるおひなさまを飾り、男の子たちにすごいね!とほめてもらえるととても嬉しそうで、おひなさまを何度も何度も見つめていました。

男の子たちは2グループに分かれ、1つはちょうふの里、もう1つはこすもすさんとお散歩に出かけました。歩いている間に何度も「女の子たちは大丈夫かな?」「帰るのが楽しみだな!」と話していました。

(すずらん組ホワイトボードより)

七草がゆ2017

2017.01.06 | 山手こひつじ保育園

明日は「七草」、栄養士さんが七草の食育の話をしてくれました。「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、すずな、すずしろ、ほとけのざ」の七草の名前を覚えました。散歩から帰ってからは「おかゆ」の中に保育者が七草を細かくして入れました。食育で「お正月でごちそうをたくさん食べたので七草がゆで胃の調子を整える」ことを聞きました。どのように七草がななくさがゆの中に入るのかよく見ていました。(すずらん組ホワイトボードより)

 

今日は七草がゆを食べました。「お正月においしものをたくさん食べたからこれを食べてお腹を休ませてあげるんだよ」と調理さんからお話を聞くと、興味を持って七草のひとつひとつを見たり、触れていました。調理さんが目の前でも草を切ってくれるとくれると「きをつけてね」「てをきらないで」と言いながら見ていました。自分たちでおかゆに七草を入れて混ぜ、よそって席まで運ぶといつもよりたくさん食べていましたよ。保育者の分も「たべてごらん」「おいしかったよ」とすすめてくれ自分たちも参加して用意したという気持ちが感じられました。(なのはな組ホワイトボードより)

れんげ組さんの風景

 

ページの先頭へ