お知らせ

2020平和聖日礼拝

2020.08.06 | 山手こひつじ保育園

8月5日幼児各クラスで平和について考える時を持ちました。

なのはな組ホワイトボード(3歳児クラス)

今日はお部屋で平和聖日礼拝の時をもちました。少し平和について考えてはみたけれど難しい中でも「ケンカはダメ」「たたかいはダメ」とお話する中で出てきました。今もこれからもそれぞれに感じる気持ちや思いを大切に過ごしていきたいです。

 

こすもす組ホワイトボード(4歳児クラス)

今日はクラスで平和聖日礼拝をしました。世界には「目や肌の色が違う人」や言葉も違ったり服も国によって色々あるが個性があってよいことを話しました。また以前読んだ「さよならジャンボ」の絵本を思い出しながら戦争や爆弾の話をするとじっと聞いていました。みんなが笑顔で過ごせるようにとお祈りしました。

 

すずらん組ホワイトボード(5歳児クラス)

平和聖日礼拝がありました。

少しずつ平和ってどんなことだろうとお話ながら過ごしていました。今日は園長からのお話を聞きました。世界にはいろいろな人がいる事。そして神さまは一人ひとりに「たまもの(それぞれ輝いているところ)」をくださったこと。「たまもの」はみんな違ってみんな同じではないこと。お互いに認め合って過ごしていることを話してくださいました。そしてご家庭からのメッセージも子どもたちと見て聞きました。

 

子どもたちからは平和とは「友だちとあそぶこと」との言葉が多くありました。今年はコロナの感染予防もありその場にとどまることを受け入れ過ごしている日常もあります。子どもたちはそれぞれ耳を傾けていました。

2020花の日礼拝

2020.06.24 | 山手こひつじ保育園

今日は花の日礼拝でした。例年はみんなで集まっての礼拝でしたが、今年は各クラスで祈りの時を持ちました。イースター、ペンテコステの礼拝ができなかったので、ようやく花の日礼拝を子どもたちとまもることができたことはとても嬉しいことでした。クラスの様子をお伝えします。

 

        

(なのはな組)今日はお部屋で花の日礼拝の時を持ちました。お花を持ち寄ってくださった方ありがとうございました。子どもたちといつもお世話になっている方々への感謝の気持ち、自然の恵みへの感謝を共に喜びました。もちよった花を飾り近くで見たり、においをかいでみたり「この花あおい!」「こっちはピンク!」と素敵なお花を前にとってもたくさんの笑顔と真剣な表情を見せてくれた子どもたちです。

(こすもす組)今日は花の日礼拝をこすもす組の部屋で行いました。花や育つために必要なめぐみの雨を神さまからいただいていることを話し感謝しました。子どもたちから大好きな虫も神さまから命をもらっているという話も出ていました。持ってきていただいた花は子どもたちと一緒に長さを調節して花びんの中に入れました。部屋に飾った花をじっと見たり、クレヨンや色えんぴつを使って絵を描いている子どももいました。

 

(すずらん組)花の日礼拝がありました。今年は感染予防の為、全クラスで集まることは避けてクラス毎に祈りの時を守りました。すずらん組はえんちょうのお話を聞きました。リタニー(神さまと言葉を子どもたちと共にかけあいます)にもあるように「一つひとつ大きさも形も咲く花は一つもありません。神さまが花を花を愛するように私たちも愛してくださっています」じっと耳を傾けてそれぞれ感じて心にとめる子どもたちでした。それぞれの花を持ち寄って頂き、皆で飾りました。ありがとうございます。

れんげぐみ

ちゅうりっぷぐみ

 

2019第8回卒園式

2020.03.23 | 山手こひつじ保育園

2020年3月20日山手こひつじ保育園の第8回目卒園式を行いました。

新型コロナウィルス感染拡大予防のため式次第の変更や参加者の制限等を行い縮小して行いました。

縮小はしながらも、子どもたちを贈る気持ちに変わりはなく温かな式となり保護者の皆様にも沢山のご協力を頂いたことに感謝いたします。

山手こひつじ保育園で育った子どもたちはめぐみを感じるこども、意欲のある子どもになりました。今、色々なことがある世の中で、想定外のことがたくさんあります。こんな大変な時にこそ改めて日々のちょっとしたことに感謝をし、めぐみを感じることができます。

 

何でも与えられ、手を差し伸べてくれる人がいることはとても幸せなことかもしれませんが、神さまは私たちにそうでない時にも一緒にいてくださるし、寧ろこんな時だからこそ神さまがそばにいてくださることを感じます。そして、私たちに考える力を与えてくださいます。すずらん組の子どもたちもすぐに答えを与えられるのではなく、自分たちで考えて仲間と協力して過ごしてきました。

みなさんは山手こひつじ保育園を卒園し、4月からは小学校で新たな生活が始まりますね。保育園からは離れますが、私たちはこの保育園から、それぞれの場所からみなさんのことを見守っています。そして、神さまがいつでも、いつまでもみなさんのことを愛してくださっていることを忘れないでくださいね。

 

ページの先頭へ