お知らせ

2018花の日礼拝

2018.06.13 | 山手こひつじ保育園

花の日礼拝をまもりました。花の日はキリスト教の行事のひとつです。今から150年程前にアメリカで、子どもたちのキリスト教教育のための日として始められたそうです。

たくさんのお花が礼拝をするすずらん組のお部屋に集められました。

 

色々な花が、いろいろな色で咲いています。一つひとつちがっていて、一つひとつ形も違います。咲く場所もそれぞれで、咲く時も違います。でも、なくてもいい花は一つもありません。だって、神さまが咲かせてくださった花だから。私たちもその花のひとつです。だから、互いに認め合って過ごします。

保育園のみんなが集まり、みんなでさんびかを歌ったり、年長さんはリタニーをしました。

 

聖書には「育ててくださるのは神さまです」と書かれています。お花は今日何を着ようかな、と服のことで悩んだりはしません。神さまが育てて下さるままに、大きくなります。私たちも何を食べようか、何を着ようか、と思い悩むのではなく、すべて神さまにおまかせします。

子どもたちには、周りの人を明るく、温かい気持ちにさせてくれるお花のように育って欲しいと願っています。

たくさんのお花と一緒に過ごすことができ感謝です。持ち寄ってくださった方々、心を寄せて下さった方々ありがとうございました。各クラスの子どもたちが日ごろお世話になっている方々へお届けにいきました。保育室や廊下に飾ったり、お昼にはテーブルに色とりどりの花を飾ることもできました。    

 

 

2018春の遠足(3歳児クラス)

2018.06.11 | 山手こひつじ保育園

6月7日

晴天に恵まれ、小柳公園へ遠足にでかけました。お弁当とコップが入ったリュックを背負って元気いっぱいのなのはなぐみ。

途中、「まだつかないの」と声も出ましたが、道に咲く花の色をあてたり、工事現場の車をながめながら歩きました。

公園では、追いかけっこや新種の虫探しをし、石の滑り台を登って降りて思う存分あそびました。

そして待ちに待ったお弁当は本当にほっぺたが落ちそうなぐらい、皆喜んで食べていました。「おいしい」とかわいい笑顔です。お弁当を作って頂きありがとうございました。(なのはな組ホワイトボードより)

2018春の遠足(4・5歳児クラス)

2018.05.26 | 山手こひつじ保育園

行ってきました。武蔵野の森公園。張り切って登園した子どもたち。おうちの方々のご協力もあり、予定より早く出発することが出来ました。すずらん組と手をつなぎお話しながらの道のり。

10時前には到着しました。広い野原でしばらくみんなと一緒に過ごしました。いつも親しんでいるはないちもんめ、とリレーをやったのですが、メンバーが変わると気分も違い、新鮮な気持ちでみんないい表情。いっぱい身体を動かしました。

カモが泳ぐ池をみんなで眺め、飛行機のよく見える丘に上がりしばらく散策。暑いながらも走ると風が気持ちよく、飛行機の気分でピューっと丘をくだる子どもたちも沢山でした。

さくらんぼの実を拾ったり、野原に寝転がり広い空を見上げたり緑に囲まれた自然を堪能しました。

いよいよお弁当。今日の一日と作ってくださったおうちの方に感謝するお祈りをしみんなで頂きました。

 

 

帰りは歩くスピードがダウン。すずらん組に助けられながら13時前には帰りつき、すぐ眠りにつきました。

「みんなの足も、がんばった心も本当に強くなったね」と一人ひとりに伝えるととても嬉しそうな子どもたちでした。お弁当をはじめ、数々のご協力ありがとうございました。感謝いたします。(こすもす組ホワイトボードより)  

ページの先頭へ